2013年06月16日

セルティックスとクリッパーズ、リバースHCとKGのトレード交渉


 ボストン・セルティックスが、KGことケビン・ガーネットとドック・リバースHCの放出について、ロサンゼルス・クリッパーズと交渉を行っていたことが分かった。しかし、現地15日午後の時点で、話し合いはこう着状態となっているという。リーグ関係者の話として、米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が伝えた。

続きを読む
posted by MASAKARI TECHNO at 20:00 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ロケッツ、2チームとトレード成立! モリス双子コンビがサンズで結成


 ヒューストン・ロケッツはトレード期限を翌日に控えた現地20日、サクラメント・キングスとフェニックス・サンズの2チームとそれぞれ交換トレードを成立させた。関係者の話として米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が伝えた。

続きを読む
posted by MASAKARI TECHNO at 15:14 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ウォーリックがボブキャッツへトレード、ホーネッツはキャロル獲得


 シャーロット・ボブキャッツは現地13日、ニューオーリンズ・ホーネッツとのトレードでフォワードのハキーム・ウォーリックを獲得した。見返りとしてガードのマット・キャロルをホーネッツへ放出した。

続きを読む
posted by MASAKARI TECHNO at 15:46 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

マジック、レイカーズとトレードで2選手を獲得


 現地時間20日、オーランド・マジックがフォワードのトレバー・アリザを放出し、ロサンゼルス・レイカーズからフォワードのブライアン・クックとガードのモーリス・エバンスを獲得した。

 マジックに加入することになったクックは、NBA通算259試合に出場し、1試合平均6.6得点、3.2リバウンド、0.8アシストをマーク。しかし今季は6試合で、2.3得点、1.7リバウンド、0.5アシストのアベレージをマークするに止まっていた。また、テキサス大出身のエバンスは、今季7試合に出場し、1試合平均4.4得点、1.7アシスト、1.3リバウンドを記録している。

 一方レイカーズにトレードされたアリザは、今季11試合の出場で、1試合平均3.3得点、2.2リバウンドを奪取。キャリア通算205試合で、6.2得点、3.6リバウンド、1.1アシストのアベレージを残している。

 マジックのオーティス・スミスGMは、「ブライアンは我々のフロントコートに厚みをもたらしてくれる。彼(クック)はとてもシュートのうまいフォワードだ」とコメント。さらにエバンスに対し、「モーリスはとても素晴らしいアスリートで、複数のポジションでもプレー出来る」と2人の獲得を喜んだ。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

コービー ブルズにトレードか


 シーズン開幕直前、レイカーズのコービー・ブライアント(29)がブルズにトレードされる可能性が出てきた。

 07年シーズン開幕前日の29日にスポーツ専門局ESPNが報じたもので、ブルズは主力のルオル・デン(22)、ベン・ゴードン(24)、タイラス・トーマス(21)に新人のジョアキム・ノア(22)を加えた4選手を放出することに合意。ただし、ブライアント本人が「主力がそれだけ移籍してしまうとブルズで優勝できない」と難色を示しているという。

 また、レイカーズ上層部でも残留か放出かで意見が分かれており、今シーズン初戦となる30日のロケッツ戦までに結論が出るかどうかは微妙な情勢になっている。
posted by MASAKARI TECHNO at 09:20 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

スパーズ、トレードで2008年のドラフト指名権を獲得


 現地時間29日、サンアントニオ・スパーズがミネソタ・ティンバーウルブズへガードのベイノ・ウドリックを放出し、2008年のドラフト2巡目指名権を獲得した。

 25歳のウドリックは昨季73試合に出場し、1試合平均4.7得点、1.7アシスト、1.1リバウンドをマーク。NBA通算207試合で5.2得点、1.8アシスト、1.0リバウンドのアベレージを記録している。

 尚、ウドリックはトレードされた後、ティンバーウルブズから解雇された。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:20 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

レイカーズ、コービーのトレードについてブルズと交渉か?


 現地時間27日、今年のオフシーズンにトレード話でにぎわせているロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントの移籍先に、シカゴ・ブルズの名前が挙がっていることが明らかになった。

 昨季プレーオフ1回戦で敗れた後、チームにトレードを要求し、その後すぐに撤回するなど、優勝するためには移籍も辞さない姿勢を見せていたブライアント。レイカーズも当初はブライアントを引き止めようとしていたが、最近は放出も一つの選択肢として考えていると報道されていた。米スポーツ専門ケーブルTV局「ESPN」(電子版)によれば、関係者の話として、レイカーズはブルズとトレードについて協議しており、ブライアントと交換でルオル・デング、ベン・ゴードン、タイラス・トーマス、ジョアキム・ノアの4人を要求しているという。

 ブライアントは今年のプレシーズンマッチ6試合に出場し、チームハイの1試合平均13.2得点、4.0アシスト、3.5リバウンドをマーク。プレシーズン最終戦は手首を痛めていたために欠場したが、開幕戦には出場する予定となっている。
posted by MASAKARI TECHNO at 19:49 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ヒートがA.ウォーカーらを放出し、R.デービスとM.ブラントを獲得


 現地時間24日、マイアミ・ヒートはミネソタ・ティンバーウルブズとトレードを行った。アントワン・ウォーカー、マイケル・ドレアック、ウェイン・シミエンと条件付きのドラフト1巡目指名権を放出。代わりに、リッキー・デービスとマーク・ブラントを獲得した。

 28歳のデービスは昨季ウルブズで、1試合平均17.0得点、4.8アシストをマーク。しかし今年のオフシーズン、ボストン・セルティックスとのトレードによりウルブズに多くの選手が加わり、出場時間は減るものと見られていた。ヒートでは昨季からジェイソン・カポノ、エディ・ジョーンズ、ジェームス・ポージーが抜けたため、その穴を埋めることが期待される。31歳のブラントは昨季82試合に出場し、1試合平均12.3得点、6.2リバウンドだった。

 ウルブズに加入するウォーカーは昨季パット・ライリーHCと衝突したこともあり、78試合の出場でキャリア最低の8.5得点、4.4リバウンドのアベレージに終わっていた。だが、過去3度オールスターに選ばれている選手だけに、新天地で再び輝きを取り戻すことができるか注目が集まる。

 主にシャキール・オニールの控えとしてチームに貢献したドレアックは昨季3.6得点、2.8リバウンドをアベレージを挙げた。24歳のシミエンは05年のドラフトで1巡目指名を受けてNBA入り。2年間の通算成績は51試合の出場で3.3得点、1.9リバウンドのアベレージを残している。
posted by MASAKARI TECHNO at 14:24 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ウルブズM.ヤリッチ、他チームへの移籍を希望


 現地時間9月30日、ミネソタ・ティンバーウルブズのマルコ・ヤリッチが他チームへの移籍を希望していることが明らかになった。

 ウルブズでは今年のオフシーズンにトレードで加入したばかりのジュワン・ハワードも、トレードを求めていると報じられていた。地元紙「スター・トリビューン」(電子版)によると、ハワードに続き、ヤリッチも他のチームでのプレーを望んでいると、本人がメディアセッションで話したとのこと。

 ガードのヤリッチは昨季70試合に出場し、1試合平均5.3得点、2.6リバウンド、2.1アシストを記録。ロサンゼルス・クリッパーズ時代の2004-05シーズンには、キャリア最高の1試合平均9.9得点、6.1アシスト、3.2リバウンドをマークした。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:09 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

キャバリアーズ、トレードでC.シモンズを獲得!


 現地時間29日、クリーブランド・キャバリアーズがニューオリンズ・ホーネッツへガードのデビット・ウェズリーを放出し、フォワードのセドリック・シモンズを獲得した。

「セドリックは若く優秀なプレーヤーだ」とキャバリアーズのダニー・フェリーGMが太鼓判を押すシモンズは、2006年のドラフト1巡目全体15位でホーネッツに入団。昨季は43試合に出場し、1試合平均2.9得点、2.5リバウンドを獲得した。キャバリアーズでは、エースのレブロン・ジェームスを支え、2年連続ファイナル進出の手助けとなる働きを期待されている。

 一方、ホーネッツへ移籍したガードのウェズリーは、昨季35試合の出場で2.1得点、1.1アシスト、1.0リバウンドのアベレージをマークした。NBAでは14年のキャリアを誇り、949試合に出場。1試合平均12.5得点、4.4アシスト、2.5リバウンド、1.4スティールを記録するなど、豊富な経験を持っている。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:24 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ウルブズとマーベリックスでトレード成立!


 現地時間28日、ミネソタ・ティンバーウルブズがダラス・マーベリックスへガードのトレントン・ハッセルを放出し、フォワード兼ガードのグレッグ・バックナーを獲得した。

 今オフに大型トレードを行ったウルブズは、2年目のランディ・フォイ、ボストン・セルティックスからトレードで入団したセバスチャン・テルフェア、アル・ジェファーソン、ジェラルド・グリーン、ルーキーのコリー・ブリュワーなど若手が多数在籍。そのため、NBAで8年の経験を誇るバックナーには、リーダーシップを発揮してほしいという考えもあり、獲得に至ったようだ。

 ウルブズ入りしたバックナーは昨季76試合に出場し、1試合平均4.0得点、2.1リバウンドをマーク。キャリア通算476試合で5.5得点、2.9リバウンド、1.3アシストのアベレージを残している。一方のハッセルは昨季76試合の出場で、1試合平均6.7得点、3.2リバウンド、2.7アシストを記録。1月5日のフィラデルフィア・76ers戦ではキャリアハイに並ぶ22得点を奪取していた。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:03 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

サンズS.マリオン、他チームへの移籍を希望!


 現地時間26日、フェニックス・サンズのショーン・マリオンが他チームへの移籍を希望していることが分かった。地元紙「アリゾナ・リパブリック」が報じている。

 同紙に対し、マリオンは「トレード話で自分の名前を聞くのはもう飽きたよ。僕はフェニックスのファンが好きだ。だけど、次に移る時が来たのかもしれない」とコメントしたとのこと。トレード話が挙がる度に、自分の名前が入っていることにうんざりしており、早くサンズに移籍先を決めて欲しいと思っているようだ。

 6月にはケビン・ガーネットがミネソタ・ティンバーウルブズからボストン・セルティックスへ移籍したトレードが成立する前に、マリオンを含めた三角トレードの話が出ていた。しかし、この時はマリオンが拒否していた。

 移籍先の候補としては、ユタ・ジャズとロサンゼルス・レイカーズの名前が浮上。ジャズはアンドレイ・キリレンコが他チームに行きたいと表明した。レイカーズはラマー・オドムと交換で、マリオンの獲得を考えている模様。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:10 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ジャズA.キリレンコ、チームに放出を要求


 現地時間21日、ユタ・ジャズに所属するアンドレイ・キリレンコがチームに対し、放出を求めていることが明らかになった。

 先日閉幕した男子バスケットボールのヨーロッパ選手権で、ロシア代表を優勝に導き、大会MVPに選出されたキリレンコはチームに不満がある模様。米スポーツ専門ケーブルTV局「ESPN」によると、キリレンコは来季もジェリー・スローンHCの下でプレーすることに懸念を感じているとのこと。昨季はジャズで70試合に出場し、1試合平均8.3得点、4.7リバウンド、2.9アシスト、2.1ブロックを記録。得点とリバウンドについては、キャリア最低の数字だった。

 ヨーロッパ選手権では9試合で18.0得点、8.6リバウンド、2.4アシスト、2.2スティール、1.8ブロックのアベレージをマークするなど、マルチな活躍を見せていた。NBA6年間の通算成績は、1試合平均12.9得点、6.2リバウンド、2.5ブロックのアベレージを残している。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:58 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ナゲッツ、76ersからトレードでS.ハンターとB.ジョーンズを獲得


 現地時間10日、デンバー・ナゲッツはフィラデルフィア・76ersとのトレードを成立させ、スティーブン・ハンターとボビー・ジョーンズを獲得。代わりに、レジー・エバンス、05年のドラフトで指名したリッキー・サンチェスの所有権を放出した。

 センターのマーカス・キャンビーの控えを務めると見られるハンターは、昨季70試合に出場した。1試合平均6.4得点、4.8リバウンドを獲得。同じくナゲッツに移籍したフォワードのジョーンズは昨季、1試合平均2.5得点だった。「スティーブン(ハンター)は運動能力に優れた213cmのビッグマンだ。ボビーは若く魅力的な選手だと思う」とナゲッツのバスケットボール部門副社長、マーク・ワーケンティエン氏は新加入選手について語った。

 ケニオン・マーティン、ネネが在籍するナゲッツはパワーフォワードの層が厚いため、エバンスは76ersへ放出された模様。昨季は4.9得点、7.0リバウンドのアベレージをマークした。サンチェスはFIBAアメリカズ選手権にプエルトリコ代表として出場。同大会で5.6得点、3.2リバウンドのアベレージを記録した。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:55 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ウルブズJ.ハワード、トレードを希望か?


 現地時間12日、ミネソタ・ティンバーウルブズのジュワン・ハワードがトレードで他チームへの移籍を希望していることが分かった。地元紙「スター・トリビューン」(電子版)が報じている。ハワードは6月にヒューストン・ロケッツからマイク・ジェームスと交換で、ウルブズへ加入したばかりだった。

 同紙によれば、ハワードはボストン・セルティックスに移籍したケビン・ガーネットとプレーする機会を失ったため、トレードを求めているという。しかし、ウルブズはチームの若返りを図っているが、ハワードを放出する意思は無いと伝えている。

 34歳のハワードは昨季ロケッツで80試合に出場し、1試合平均9.7得点、5.9リバウンドを記録。NBA13年間の通算成績は16.1得点、7.1リバウンドのアベレージを挙げている。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:13 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ウォリアーズM.ピエトルス、移籍候補のヒートに好印象


 現地時間7日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのマイケル・ピエトルスは移籍を噂されているマイアミ・ヒートについて、好印象を持っていることが明らかになった。制限付きフリーエージェントのピエトルスはサイン&トレードでヒートに移るのではないかと伝えられている。

 ピエトルスは現在故郷のフランスでバスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズのイベントに参加。今年のオフシーズンにはいくつかのチームから興味を持たれていると伝えられていた。その中でサラリーキャップの関係から、ヒートが最も有力な移籍先と見られている。

 取材に対し、ピエトルスは「マイアミ・ヒートは素晴らしいチームだ。僕はドウェイン・ウェイドやシャック(シャキール・オニール)と一緒にプレーしてみたい。オフェンスでもディフェンスでも、彼らを助けることができると思う」と話した。

 昨季1試合平均11.1得点、4.5リバウンドを挙げたピエトルスは、ウォリアーズから1年350万ドル(約4億2,000万円)で残留のオファーをされたと報道されていた。しかし、「自分にとって最高の状況を考えている。それがゴールデンステイトなら良いんだ。僕はチャンピオンシップに勝ちたい。最高のレベルで3年間か4年間戦えることが重要だね」と今季の所属先について、慎重に決める姿勢を見せた。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:56 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

J.オニールがレイカーズ入りを希望?


 現地時間6日、インディアナ・ペイサーズのフォワード兼センター、ジャーメイン・オニールがロサンゼルス・レイカーズへのトレードを希望していることが分かった。米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」のウェブサイト「SI.com」が伝えている。

 同サイトは、「私はレイカーズとのトレードを歓迎する。インディアナは私がリーグで素晴らしいプレーヤーという名声を得る機会を与えてくれた。しかし、現在チームは再建を目指して若返りを図っている。私は年齢的にあと5〜6年しかプレーできない」というオニールのコメントを紹介した。また「私はニュージャージー(・ネッツ)とのトレードの可能性も考える」とジェイソン・キッドとのプレーにも魅力を感じているようだ。

 28歳のオニールは昨季69試合に出場し、1試合平均19.4得点、9.6リバウンド、2.6ブロックとハイアベレージをマーク。だが、ペイサーズは35勝47敗とカンファレンス9位に終わり、10年ぶりにプレーオフ進出を逃した。オニールが移籍を希望するレイカーズは、すでにこのオフシーズンにラマー・オドム、アンドリュー・バイナムとトレードでオニール獲得を目指していた経緯もある。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:34 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

“KG”がついにセルティックス移籍へ!


 現地時間30日、ミネソタ・ティンバーウルブズの“KG”ことケビン・ガーネットがボストン・セルティックスにトレードで移籍することになった。「AP通信」など複数のメディアが伝えている。

 ウルブズのフランチャイズプレーヤーとして活躍するガーネットは、毎年のようにオフシーズンをトレード話でにぎわせていた。同通信によるとセルティックスはガーネット獲得の見返りに、アル・ジェファーソン、セバスチャン・テルフェア、ジェラルド・グリーン、テオ・ラトリフをウルブズに放出するとみられている。また、少なくとも1つはドラフト指名権をウルブズに差し出すとのこと。セルティックスは6月の後半にもガーネット獲得を狙っており、チーム間では合意したが本人が拒否したためトレードは破談になったと以前に報じられていた。しかし、セルティックスは名門再建に向け、ドラフト直前にシアトル・スーパーソニックからオールスタープレーヤーのレイ・アレンを獲得。ガーネットが望むNBA制覇を目指せるチーム力が備わったことが、移籍する要因の1つだと考えられる。

 31歳のガーネットは昨季76試合に出場し、1試合平均22.4得点、12.8リバウンド、4.1アシスト、1.7ブロックとオールラウンドな働きでシーズンダブルダブルを記録した。2007-08シーズン終了後には契約が終了。ウルブズは見返りなしでガーネットを失うことを避けるため、トレードが行われるのではないかとささやかれていた。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:10 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

スペイン代表J.ナバーロに8チームが興味!


 現地時間26日、ワシントン・ウィザーズが交渉権を保有するファン・カルロス・ナバーロに8つのチームが興味を示していることがわかった。地元紙「ワシントン・ポスト」(電子版)が報じている。

 現在スペインのバルセロナに所属しているナバーロは2002年のドラフト2巡目でウィザーズに指名されたが、スペインでプレーすることを選んでいた。同紙によるとウィザーズは来週末までに契約するか、他のチームに交渉権をトレードしなければならないようだ。バルセロナは1,400万ドル(約16億6,000万円)と高額なバイアウトを求めていたが、200〜300万ドル(約2億4,000万円〜3億6,000万円)の間に金額を引き下げ、ウィザーズの選択を待っているとのこと。また、マイアミ・ヒートや同郷のパウ・ガソルがいるメンフィス・グリズリーズなど8つのチームがウィザーズと交渉権のトレードを画策しているという。

 ガードのナバーロは昨年の夏に日本で開催された世界バスケに出場し、すでにリーグで活躍するガソル、ホルへ・ガルバホサ、ホセ・カルデロンらと共にスペインを世界一に導いた。ナバーロや2007年ドラフトの2巡目で指名されたマーク・ガソルがNBA入りすれば、世界バスケ優勝チームのメンバーが数多く揃い、リーグにスペイン旋風が起こるかもしれない。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:37 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

T.ディーナーがペイサーズと契約


 現地時間23日、インディアナ・ペイサーズがオーランド・マジックからフリーエージェントになっていたガードのトラビス・ディーナーと契約したことがわかった。「AP通信」が伝えている。

 同通信による契約の詳細は明らかになっていないが、ディーナーのエージェントが3年契約(3年目はプレーヤーオプション付き)に同意したと先週話したという。

 2005年ドラフト2巡目でマジックに入団したディーナーは昨季49試合に出場し、1試合平均3.8得点、1.0アシスト、0.8リバウンドを記録。ペイサーズではジャマール・ティンズリーのバックアップを務めるとみられている。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:45 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。