2013年11月05日

A.イグダーラ自己最多スリー7本でウォリアーズ圧勝


 ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地4日、敵地でフィラデルフィア・セブンティシクサーズを110対90の大差で撃破。古巣に凱旋したアンドレ・イグダーラが自身最多の7本のスリーポイントシュートを決めて32得点、ステファン・カリーは18得点、12アシスト、10リバウンドのトリプルダブルの活躍を見せた。

 リーグワーストチームの下馬評を覆し、開幕3連勝という絶好のスタートを切っていたシクサーズだったが、同チームの元大黒柱であるイグダーラによって、2000-01シーズン以来の開幕4連勝の夢は打ち砕かれた。イグダーラは第1Qに3本のスリーを沈め序盤の16点リードに貢献。第2Qにも長距離砲を3本決め、前半だけで27得点をマークした。

 この活躍を原動力に、チームはハーフタイムの時点で66対42と大量リード。後半も、シクサーズに主導権を渡すことなく第3Q終了時に98対65とし、余裕の展開で勝利した。

 デイビッド・リーは前半に14得点を挙げ18得点、クレイ・トンプソンも18得点を追加した。シーズン成績は3勝1敗。

 シクサーズは、同日にイースタン・カンファレンスのプレーヤー・オブ・ザ・ウイークに選ばれたルーキーポイントガードのマイケル・カーター・ウィリアムスが18得点でチーム最多タイをマーク。しかし、FGは17本中13本の失敗と不振に終わった。このほか、エバン・ターナーが18得点、トニー・ローテンが14得点をマーク。開幕3試合は後半のビハインドを跳ね返して勝利を収めていたが、この日はウォリアーズの攻撃力になすすべもなく、大敗を喫してしまった。

posted by MASAKARI TECHNO at 14:32 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。