2013年11月05日

シクサーズのM.C.ウィリアムスが週間MVP、開幕1週目のルーキー選出はシャック以来史上2人目


 NBAは現地4日、レギュラーシーズン第1週目10月29日-11月3日のプレーヤー・オブ・ザ・ウイークを発表。イースタン・カンファレンスはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのマイケル・カーター・ウィリアムス、ウェスタン・カンファレンスはミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブがそれぞれ選ばれた。

 2013年ドラフト全体11位指名のウィリアムスは、平均20.7得点、チームハイの9.0アシスト、4.3スティールをマーク。リーグ王者マイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズからの勝利を含む、チームの開幕3連勝に貢献した。ルーキーがキャリア第1週目にプレーヤー・オブ・ザ・ウイークに輝くのは、1992年のシャキール・オニール以来、リーグ史上2人目の快挙。

 ウィリアムスは、NBAデビューとなった10月30日のシーズン初戦・ヒート戦で、いきなり22得点、12アシスト、9スティール、7リバウンドという好成績をマーク。ルーキーのNBAデビュー戦としては、9スティールは歴代トップ、12アシストは歴代2位の記録となる。

 ラブは、リーグトップの平均29.7得点、14.7リバウンドをマークし、球団史上2度目となる開幕3連勝をけん引。このうち2試合で、30得点以上、15リバウンド以上をマークした。

 プレーヤー・オブ・ザ・ウイークの候補としてはこのほか、オーランド・マジックのアーロン・アフラロ、ポートランド・トレイルブレイザーズのラマーカス・オルドリッジ、フェニックス・サンズのエリック・ブレッドソー、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス、オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラント、インディア・ペイサーズのポール・ジョージ、デトロイト・ピストンズのグレッグ・モンロー、ロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポールの名前も挙がっていた。

タグ:週間MVP
posted by MASAKARI TECHNO at 14:19 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。