2013年11月04日

レイカーズ、21点のリードを追い付かれるもホークスに辛勝


 ロサンゼルス・レイカーズは現地3日、本拠地でアトランタ・ホークスと対戦し、105対103で競り勝った。

 第2Q残り8分55秒の時点で46対25と大量リードを奪い試合を優位に進めていたレイカーズだったが、その後じわじわとホークスに差を縮められ、第4Q残り35秒という土壇場で遂に103対103の同点に追いつかれる。それでも、残り6秒でフリースロー2本を獲得すると、パウ・ガソルが2本をきっちりと沈め、なんとか逃げ切った。

 レイカーズでは、この日先発のチャンスが巡ってきたゼイビア・ヘンリーがチームトップの18得点を記録。ガソルが16点で続いた。一方のホークスでは、カイル・コーバーがスリーポイントシュート6本をすべて成功させ22得点。しかし、2点ビハインドで迎えた残り2秒で放ったシュートはガソルにブロックされてタイムアップとなり、チームを勝利に導くことはできなかった。

posted by MASAKARI TECHNO at 18:00 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。