2013年11月04日

ウェストブルックが復帰初戦で21得点! デュラントも33得点でサンダー勝利


 NBAは現地3日に各地で6試合が行われ、オクラホマシティ・サンダーは本拠地でフェニックス・サンズに103対96で勝利し、今季2勝目(1敗)を挙げた。この試合では、昨季終盤にひざを負傷したラッセル・ウェストブルックが約6カ月ぶりにコートに復帰し、32分間の出場で21得点、7アシストの活躍を見せている。

 昨季のプレーオフ1回戦で右ひざを負傷し、当初の見込みより長期の離脱を強いられたウェストブルック。復帰初戦となったこの日の試合では、チームの初得点をフリースローでマークすると、その後も持ち前の鋭いドライブから得点。接戦となった終盤の勝負どころでも確実にフリースローを沈め、チームの勝利に貢献した。

 ウェストブルックは試合後のインタビューで、「いくつかイージーなミスもしたけど、じきに良くなるはずさ。やりたいことはできたし、これからもっと良くなる。超人的なカムバックを果たせるとは思っていないし、自分なりのやり方で努力していくよ」とコメントしている。

 サンダーではそのほか、エースのケビン・デュラントが33得点、10リバウンド。サージ・イバカも10リバウンドをマークしたが、この日はスリーポイントシュートが全体で18本中2本成功と苦戦。第4Q途中までサンズにリードを奪われる展開だったが、最後は地力を見せて何とか白星を手にした。

 一方、連勝スタートを切っていたサンズはシーズン初黒星(2勝1敗)。エリック・ブレッドソーが26得点、キャリア最多の14アシストを記録し気を吐いたが、サンダーより10個多い25個のターンオーバーが痛かった。

posted by MASAKARI TECHNO at 15:15 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。