2013年11月03日

トンプソン&カリーのガードコンビが活躍、ウォリアーズがキングスに快勝


 ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地2日、ホームでサクラメント・キングスに98対87で快勝。クレイ・トンプソンが27得点、ステファン・カリーが22得点でチームをけん引した。シーズン成績は2勝1敗。

 トンプソンとカリーのバックコートコンビは、最初の3クォーターで合わせて26本中17本のフィールドゴール(FG)を成功させ、46得点を稼いだ。79対59と大差を付けて迎えた第4Qは、大半の時間をベンチで過ごし、控え陣のプレーを見守った。

 カリーは、ゲームハイの12アシストもマーク。デイビッド・リーが、15得点、12リバウンドで援護した。チーム全体では、51.3%のFG成功率を記録。効率良く得点を挙げるとともに、守備ではキングスをFG成功率わずか34.5%に抑えた。

 敗れたキングスは、ルーキーのベン・マクレモアが自己最多の19得点でチーム最多をマーク。トラビス・アウトローが15得点、12リバウンド、ジェイソン・トンプソンが12得点、10リバウンドをマークするなど控え陣が奮起したが、先発陣が二桁得点なしと不発に終わり、シーズン成績1勝2敗となった。

posted by MASAKARI TECHNO at 17:00 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。