2013年11月03日

パーソンズとハーデンがけん引、19点差を跳ね返しロケッツ開幕3連勝


 現地2日に行われたヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズの一戦は、ロケッツが19点ビハインドの劣勢を跳ね返し、104対93で逆転勝ち。開幕3連勝と好スタートを切っている。

 ロケッツは前半、ジャズに19点差をつけられたものの、ハーフタイムで立て直し、後半を64対37と圧倒した。第4Q残り7分11秒のシュートで85対83とジャズに最後のリードを与えた後は、ジェイムス・ハーデンのレイアップシュート、ジェレミー・リンのスリーポイントシュート、チャンドラー・パーソンズのティップシュートと怒とうのランを展開。90対85とリードを広げて、勝機を呼び込んだ。

 ロケッツでは、パーソンズが24得点、ハーデンが23得点、リンが20得点と3選手が20得点以上を挙げた。

 ジャズは、ジョン・ルーカス三世がショットクロックぎりぎりでシュートを決め、残り3分27秒に90対95と5点差として望みをつないだが、それ以降はフィールドゴール(FG)を1本しか決められず。勝負どころで決定力不足に泣き、開幕3連敗となった。リチャード・ジェファーソンがチーム最多の18得点、カンターが16得点をマークした。

posted by MASAKARI TECHNO at 15:54 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。