2013年11月02日

スパーズ、レイカーズ下し連勝スタート


 現地1日に行われたサンアントニオ・スパーズ対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、トニー・パーカーが24得点、カウィ・レナードが15得点、11リバウンドと活躍し、スパーズが91対85でレイカーズを下した。スパーズは連勝スタート(2勝0敗)としている。

 序盤の15点ビハインドを跳ね返したスパーズは、第4Q残り2分13秒にパーカーが勝ち越しのジャンプシュートに成功。ベンチから20得点を挙げたマヌ・ジノビリは、試合の鍵となるディフェンスを披露するとともに、試合終了間際にダンクシュートを決め、リードが14回も入れ換わった後半の攻防を制した。

 大黒柱のティム・ダンカンは、30日のシーズン初戦で胸を打撲し欠場。代わりに先発を務めたボリス・ディーオウは、第4Q残り1分40秒のスリーポイントシュートを含む14得点を挙げて、しっかりと代役を務めた。

 レイカーズは、パウ・ガソルが20得点、11リバウンドでけん引。ジョディー・ミークスが14得点、ウェズリー・ジョンソンが12得点をマークした。開幕からの4日間でホーム3戦という厳しい日程を1勝2敗で終えている。

posted by MASAKARI TECHNO at 17:31 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。