2013年11月02日

D.ハワード&J.ハーデンがけん引、ロケッツがマブス撃破


 ヒューストン・ロケッツは現地1日、テキサス州のライバルチーム、ダラス・マーベリックスと対戦し、113対105で勝利。ジェイムス・ハーデンが34得点、ドワイト・ハワードが13得点、16リバウンドと、両看板選手がそれぞれ活躍した。ロケッツは開幕2連勝と好スタートを切っている。

 前半残り4分の時点で53対31と大量リードを奪ったロケッツは、後半に入りマブスの反撃を受け、85対72と点差を縮められ第3Qを終了。第4Q中盤には、モンテ・エリスの連続得点などで8点連取を許し、91対83と一桁差まで迫られた。マブスに流れが傾きかけたが、そこで同チームの大黒柱のダーク・ノビツキーがファウルアウトで退場となる。ロケッツはハーデンがフリースロー1本を決めて3点プレーを完成すると、さらに追加点を挙げ、残り5分半に99対83として勝利を引き寄せた。

 ハーデンは、得点での貢献のほかに、4スティール、3アシスト、4リバウンドもマーク。故障で欠場のパトリック・ビバリーに代わって先発に復帰したジェレミー・リンは14得点をマークした。

 敗れたマブスは、ノビツキーが22得点でチームをけん引。エリスが20得点で続いた。シーズン成績は1勝1敗。

posted by MASAKARI TECHNO at 15:32 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。