2013年11月01日

キングス、G.バスケスと契約延長せず 今季終了後に制限付きFAに


 サクラメント・キングスがガードのグレイビス・バスケスとの契約を延長しなかったことが分かった。米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が現地31日、伝えた。

 キングスは7月4日、タイリーク・エヴァンスとのトレードでニューオーリンズ・ペリカンズ(昨季まではホーネッツ)からドラフト2巡目指名権ふたつとバスケスを獲得。昨季はキャリアハイの1試合平均13.9得点、9アシストをマークしたが、オフシーズン中に足首を手術。これもあって、キングスはひとまず契約延長をオファーせず、バスケスの術後の経過を観察したいのだという。

 一方、すでに足首に問題はないとしているバスケスは、デンバー・ナゲッツとのシーズン開幕戦に26分間出場して17得点4アシストをマーク。同選手は「とにかく僕は今季に集中して、チームの勝利に貢献するつもりだよ」「自分の仕事をして、勝ってこのチームの文化を変えれば、すべてが好転するはずだ。僕はここに残りたいよ」とヤフースポーツにコメント。今季終了後の契約延長に意欲をみせた。

 またキングスはこの日、フォワードのパトリック・パターソンとの契約を延長しないことも併せて発表している。

posted by MASAKARI TECHNO at 16:35 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。