2013年11月01日

ボブキャッツ、K.ウォーカーら3選手とのオプション行使


 現地31日、シャーロット・ボブキャッツがガードのケンバ・ウォーカー、そしてフォワードのビスマック・ビオンボとの4年目のチームオプションを行使したことを発表した。また、フォワードのマイケル・キッド・ギルクリストとの3年目のオプションを行使したことも併せて発表している。米スポーツ専門サイトの『The Sports Xchange』が同日に報じた。

 2012年ドラフト全体2位指名のギルクリストは、昨季1試合平均で9.0得点、5.8リバウンド、1.5アシストとまずまずの成績を残し、NBAのオールルーキー・セカンドチームに選出された。

 ビオンボの売りはブロックで、こちらは2011年ドラフトの全体7位指名。すでに258ブロックを記録しており、これは球団史上3番目の数字である。

 また、2011年ドラフト全体9位のウォーカーは、キャリア通算で1試合平均15.2得点、5.1アシスト、3.5リバウンド、1.5スティールと好成績を残しており、ボブキャッツ加入後149試合連続で出場している。昨季は1試合平均の得点(17.7)、アシスト(5.7)、スティール(2.0)でチームトップの成績を記録し、球団史上最多の160スティールを決めた。

posted by MASAKARI TECHNO at 16:24 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。