2013年10月31日

D.ハワードが自己最多タイの26リバウンド、ロケッツがボブキャッツに快勝


 現地30日、シャーロット・ボブキャッツ対ヒューストン・ロケッツのシーズン初戦が行われ、ロケッツは新加入のドワイト・ハワードとジェイムス・ハーデンがチームをけん引し、96対83でボブキャッツを下した。

 レイカーズが提示した好条件の再契約のオファーを拒否し、8800万ドル(約86億6000万円)でオフにロケッツと契約したハワードは、17得点、自己最多タイの26リバウンドと大暴れ。また、昨年オフにトレード移籍し、2009年以来のプレーオフ進出にチームを導いたハーデンも21得点と活躍した。

 腰の手術明けの昨シーズンは、思いどおりにプレーができなかったというハワードは、通算63度目の20リバウンド以上を記録し、今季の完全復活を証明。「本当は30リバウンドを目指していた。目標に届かなくて悔しいが、次の試合でやってみせるよ」と、意気込みを見せた。

 試合は、ロケッツが第4Qの4点リードの場面から14対4のスパートを仕掛け、残り3分半に86対72と引き離して、勝利をほぼ決めた。

 ボブキャッツは、ジョシュ・マクロバーツがチーム最多の15得点をマーク。右足首のねんざでプレシーズンゲームをほぼ欠場した新戦力のアル・ジェファーソンは、先発で31分間出場し、13得点、8リバウンドだった。

posted by MASAKARI TECHNO at 16:51 | Comment(0) | 2013 - 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。