2013年10月12日

J.リン、プレシーズンゲーム行う両親の祖国・台湾に到着


 現地10日にフィリピン・マニラでの初のグローバルゲームを成功させたヒューストン・ロケッツが現地11日、次の試合の開催地である台湾に到着した。

 ロケッツは、13日に首都・台北でインディアナ・ペイサーズと対戦する。NBA史上初の台湾系アメリカ人選手であるジェレミー・リンは、両親の祖国での凱旋試合に意欲を見せた。

 リンは、満員の記者会見で「今回の凱旋について、一生に一度のチャンスのように感じている」とコメント。「今度いつ両親の生まれ育った地でNBAプレシーズンを行えるか分からない」とし、「試合がすごく楽しみ。ある意味、お祭りだと思う」と貴重な機会を目いっぱい楽しむと語った。

 台湾では、リンが2012年のニューヨーク・ニックス時代に巻き起こした“リンサニティー”ブームが続いおり、同選手のTシャツや関連グッズはいまだに地元ファンに人気がある。

 ロケッツは、10日にマニラで行われた試合でもペイサーズと対戦しており、116対96で勝利した。台湾で2連勝を狙う。台北でプレシーズンゲームが行われるのは、この4年間で2度目。

posted by MASAKARI TECHNO at 20:44 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。