2013年10月01日

ネッツP.ピアース、優勝に向け決意表明


 ブルックリン・ネッツは現地30日、メディア・デーを開催し、電撃トレードでボストン・セルティックスから移籍したポール・ピアースが、優勝に向けての決意表明を行った。

 セルティックスのエースとして、6度のアトランティック地区優勝を経験しているピアースは会見で、ネッツにやってきたのは6月にリーグ制覇を成し遂げるためだと改めて繰り返し、ライバルのニューヨーク・ニックスを打倒し地区優勝をするためではないと語った。

 プロ16年目のピアースは、「正直なところ、(地区優勝は)自分にとってそれほど重要ではない。優勝するために、ここに来た。もし地区優勝したとしても、バナーが掲げられるところを見たいとすら思わない」とし、セルティックスで果たした2008年以来となる自身2度目のリーグ制覇に強い意気込みを見せた。

 ネッツは今オフ、ピアースとともに、セルティックスからケビン・ガーネットとジェイソン・テリーを獲得。また、フリーエージェントのショーン・リビングストン、アラン・アンダーソン、アンドレイ・キリレンコと契約するなど豪華な布陣をそろえるとともに、現役を引退したばかりのジェイソン・キッドを新監督に迎えるなど、新たなチームに生まれ変わった。

 ピアースは、優勝するチームには偉業を成し遂げるための構成要素をそれぞれが持っているとコメント。これから、チームはそれを見付けていくことになるとし、見付けられるかは自分たち次第だと語った。

posted by MASAKARI TECHNO at 18:43 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。