2013年10月01日

レブロンが意気込み「史上最高の選手になりたい」


 マイアミ・ヒートは、トレーニングキャンプ前日の現地30日、メディア・デーを開催。MVP4回のレブロン・ジェイムスは、オフの期間に選手としてさらにレベルアップをしたと、新たなシーズンに意欲を見せた。

 ヒートでの4シーズン目を迎えるレブロンは、チームを優勝に導いた昨季NBAファイナル第7戦よりも、自身がさらに成長したとコメント。「昨季よりも、あらゆる面で優れたバスケットボール選手になった」と、シーズンへの意気込みを示した。

 レブロンは、9月に高校時代からのガールフレンドと結婚し、私生活も充実。今季は個人としては通算5度目のMVPを、そしてチームとしては4年連続でのファイナル出場を目指すこととなる。しかし取材陣の関心は、レブロン、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリーが契約をオプトアウト(破棄)し、フリーエージェントになることが可能な来オフの展望に向けられた。

 レブロンは「うちのチームがメディアとの付き合い方を知らず、そういう質問に惑わされる若いチームだったら、事情は違ったかもしれない」と前置きした上で、「うちのチームは、あらゆる事を経験してきたベテランの集団だ。みんなが俺の考えを理解しているし、そのことが重要だ」とコメント。2010年夏に7年間を過ごしたクリーブランド・キャバリアーズを去り、ヒートに移籍したことは正しい決断だったと信じており、来夏については話す必要がないと話した。

 代わりにレブロンは、自身のゴールは、史上最高の選手になることだとコメント。「それが俺のモチベーションだ。俺にとってはシンプルな目標。もちろん簡単な目標ではないが、俺にとってはシンプルだ。また、俺は他人にとっての史上最高の選手になることには興味がない。目標は自分にとっての史上最高の選手だ」とし、他人の評価は気にしないとした。

posted by MASAKARI TECHNO at 18:42 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。