2012年12月09日

セルティックスがシクサーズ下し前日の雪辱果たす


 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ対ボストン・セルティックスの2連戦の2日目は、地元に戻ったセルティックスが92対79で快勝。KGことケビン・ガーネットが19得点、ジェフ・グリーンが16点の活躍をみせ、前日にシクサーズ本拠地で延長戦の末に敗れた雪辱を果たした。

 ハーフタイムを20点リードで終えたセルティックスは、第3Q中盤の65対44の場面から約3分間、シクサーズの13対0の反撃を受けたが、同Qの最後に5点を返して70対57で第4Qに突入。第4Q中盤には18点差までリードを戻し、あとは余裕の展開で勝利した。

 ポール・ピアースが13得点、前日に今季初のトリプルダブルを記録したレイジョン・ロンドは11アシスト、9リバウンドをマークしたが、得点は7得点にとどまった。連敗回避でシーズン成績は11勝9敗。

 シクサーズは、タディアス・ヤングが22得点でチーム最多、前日の延長戦残り3.9秒に決勝点を決めたエバン・ターナーは、13得点をマークした。立ち上がりが悪く、前半は今季最少の28得点、前半のFG%は39本中9本のわずか23%だった。ここ4戦で3敗目を喫し、シーズン成績はセルティックスと同じ11勝9敗。

posted by MASAKARI TECHNO at 19:49 | Comment(0) | 2012 - 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。