2007年10月31日

スパーズ、T.ダンカンの活躍で開幕戦に勝利


20071031spurs.jpg


 現地時間30日、昨季王者のサンアントニオ・スパーズは今季のレギュラーシーズン開幕戦を本拠地AT&Tセンターで行い、ポートランド・トレイルブレイザーズと対戦した。ティム・ダンカンが24得点、13リバウンドと活躍し、106対97で勝利。NBA連覇に向けて好発進した。

 2012年まで契約を延長したばかりのダンカンはフィールドゴール15本中10本成功し、24得点を奪取した。昨季ファイナルMVPのトニー・パーカーは19得点を記録。マヌ・ジノビリは16得点、8アシスト、5スティールとオールラウンドな働きを披露した。

 スパーズは前半で59対49と10点リードした。だが、第3Qはブレイザーズに追い上げられ、第4Qを迎えたときには81対77と4点差に迫られた。しかし、ジノビリのダンクシュートなどで、残り9分40秒で88対80とリードを広げ、そのまま最後まで逃げ切った。「今日我々のディフェンスは良くなかった。だけど、シーズン最初の試合なんだ。1年の始まりを素晴らしい形で切ることができた」とグレッグ・ポポビッチHCは好スタートを喜んだ。

 一方、ブレイザーズは2年目のラマーカス・オルドリッジがフィールドゴール19本中12本成功し、27得点と奮闘。ジョエル・プリジビラは13得点、10リバウンドだった。昨季王者のスパーズ相手に第3Q粘りを見せたが、最後は引き離された。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 - 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T.ダンカン、スパーズと2年契約延長!


 現地時間30日、サンアントニオ・スパーズがエースのティム・ダンカンと2011-12シーズンまで契約を延長した。

 契約の詳細は明らかになっていないが、地元紙「サンアントニオ・エクスプレス・ニュース」によると、2010年までスパーズと契約していたダンカンは、2年約4000万ドル(約45億9,000万円)で契約延長にサインしたとのこと。

 スパーズ一筋10年のダンカンは昨季80試合に出場し、1試合平均20.0得点、10.6リバウンド、3.4アシスト、2.4ブロックの活躍を見せた。プレーオフでは20試合で、22.2得点、11.5リバウンド、3.3アシスト、3.1ブロックのアベレージをマークし、1999、03、05年に続き、自身4度目のファイナル制覇を達成。ファイナルMVPはトニー・パーカーに譲ったが、エースとして重責を果たした。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:41 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルブズR.フォイ、左膝を痛めてチームを離脱


 現地時間30日、ミネソタ・ティンバーウルブズはガードのランディ・フォイが左膝を痛め、チームを離脱すると発表した。

 24歳のフォイはラスベガスで行われたサマーリーグ中に膝を負傷。プレシーズンマッチは3試合の出場に止まっていた。昨季は82試合に出場し、1試合平均10.1得点、2.8アシスト、2.7リバウンドを記録。ルーキーながら安定した活躍でチームに貢献し、NBA オール・ルーキー・ファーストチームに選出された。尚、現在復帰の予定は立っていないようだ。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:39 | Comment(0) | 怪我・故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルティックス、R.ロンドと契約延長


 現地時間30日、ボストン・セルティックスがガードのレイジョン・ロンドの3年目のオプションを行使し、2008-09シーズンの契約を延長した。

 2年目のロンドは昨季78試合に出場し、1試合平均6.4得点、3.8アシスト、3.7リバウンド、1.6スティールをマーク。2008-09シーズンは約165万ドル(約1億9,000万円)で契約を延長した。また、チームはオフの大型トレードで、ケビン・ガーネット、レイ・アレンを獲得するために多くの主力選手を放出しており、今季は昨季以上のプレータイムを得ることが予想されている。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:38 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャバリアーズ、A.パブロビッチとようやく契約延長!


 現地時間30日、クリーブランド・キャバリアーズが、制限付きフリーエージェント(FA)となっていたアレクサンダー・パブロビッチと3年の契約延長したことが分かった。契約の詳細は明らかになっていない。

 契約が完了せず、オフシーズン母国セルビアに留まっていたパブロビッチは、昨季67試合に出場し、1試合平均9.0得点、2.4リバウンド、1.6アシストを記録した。プレーオフでは9.2得点、2.6リバウンド、1.6アシストのアベレージをマーク。エースのレブロン・ジェームスを支え、チーム史上初となるファイナル進出に貢献した。

「サーシャ(パブロビッチ)はキャバリアーズに戻ることができて、とても興奮している。彼は個人のコーチの下、1日2回のトレーニングを続けていた。コンディションはとても良く、(開幕に向け)準備はできている」と、パブロビッチの代理人はコメントした。尚、同じく制限付きFAのアンダーソン・バレジャオは、まだチームと契約の協議中のようだ。
posted by MASAKARI TECHNO at 13:30 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コービー ブルズにトレードか


 シーズン開幕直前、レイカーズのコービー・ブライアント(29)がブルズにトレードされる可能性が出てきた。

 07年シーズン開幕前日の29日にスポーツ専門局ESPNが報じたもので、ブルズは主力のルオル・デン(22)、ベン・ゴードン(24)、タイラス・トーマス(21)に新人のジョアキム・ノア(22)を加えた4選手を放出することに合意。ただし、ブライアント本人が「主力がそれだけ移籍してしまうとブルズで優勝できない」と難色を示しているという。

 また、レイカーズ上層部でも残留か放出かで意見が分かれており、今シーズン初戦となる30日のロケッツ戦までに結論が出るかどうかは微妙な情勢になっている。
posted by MASAKARI TECHNO at 09:20 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

レイカーズ、A.バイナム、J.ファーマーと契約延長


 現地時間29日、ロサンゼルス・レイカーズがオプションを行使し、センターのアンドリュー・バイナムとガードのジョーダン・ファーマーの2人と、2008-09シーズンまで契約延長した。

 213センチと恵まれたサイズのバイナムは、昨季82試合に出場し、1試合平均7.8得点、5.9リバウンド、1.6ブロックを記録。オフシーズンにはラマー・オドムと共にトレード候補に名前が挙がっていたが、今季217万ドル(約2億5,000万円)、2008-09シーズンは277万ドル(約3億2,000万円)でレイカーズと契約を延長することになった。

 一方のファーマーは、昨季72試合に出場し、1試合平均4.4得点、1.9アシスト、1.7リバウンドをマーク。プレーオフではフェニックス・サンズ相手に5試合で、6.4得点、2.8リバウンド、1.6アシスト、1.2スティールのアベレージを残すなど、ルーキーとしては及第点の働きを見せていた。今季は101万ドル(約1億1,000万円)、来季は108万ドル(約1億2,000万円)を受け取ることになる。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:28 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラプターズ、開幕に向けロスターを15人へ


 現地時間29日、トロント・ラプターズが30日から始まるレギュラーシーズンを前に、フォワード兼ガードのルーク・ジャクソンを解雇し、NBAの制限である15人へロスターを減らした。

 昨季のシーズン中にラプターズへ加入したジャクソンは、移籍後10試合に出場し、1試合平均4.5得点、0.9リバウンド、0.9アシストを記録。プレーオフ1回戦のニュージャージー・ネッツ戦では、3試合の出場で2.0得点、1.7アシスト、1.3リバウンドのアベレージをマークしていた。

 チームはリーグの規定により、29日の午後6時までにロスターを15人に確定させなければならなかった。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:24 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナゲッツ、L.クレイザと契約延長


 現地時間29日、デンバー・ナゲッツが4年目の契約オプションを行使し、フォワードのリナス・クレイザと2008-09シーズンまで契約延長した。

 リトアニア出身のクレイザは、2005年のドラフト1巡目全体27位でポートランド・トレイルブレイザーズから指名されると、同年6月28日にナゲッツへトレードされた。昨季は79試合で、1試合平均7.6得点、3.4リバウンドを記録し、チームのプレーオフ進出へ貢献。2008-09シーズンは、今季の約101万ドル(約1億2,000万円)から、約182万ドル(約2億1,000万円)へ年俸をアップさせた。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:22 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパーズ、トレードで2008年のドラフト指名権を獲得


 現地時間29日、サンアントニオ・スパーズがミネソタ・ティンバーウルブズへガードのベイノ・ウドリックを放出し、2008年のドラフト2巡目指名権を獲得した。

 25歳のウドリックは昨季73試合に出場し、1試合平均4.7得点、1.7アシスト、1.1リバウンドをマーク。NBA通算207試合で5.2得点、1.8アシスト、1.0リバウンドのアベレージを記録している。

 尚、ウドリックはトレードされた後、ティンバーウルブズから解雇された。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:20 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケッツ、B.スーラら4選手をウェイブ


 現地時間29日、ヒューストン・ロケッツがガードのボブ・スーラら4選手を解雇した。

 スーラは2004年の8月にロケッツと契約。2004-05シーズンは61試合に出場し、1試合平均10.3得点、5.5リバウンド、5.2アシスト、1.1スティールを記録した。しかし、その後は背中と膝のケガに苦しみ、2シーズンに渡り試合に出場していなかった。

 ロケッツはシーズン開幕に向け、スーラと共にセンターのジャッキー・バトラー、ガードのジョン・ルーカス、フォワードのジャスティン・リードを解雇。15人のロスターを確定させている。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:19 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ネッツ、ガードのR.ハイトを解雇


 現地時間28日、ニュージャージー・ネッツはガードのロバート・ハイトを解雇したことを発表した。現在ネッツのロスターは15人になっている。

 23歳のハイトは8月にネッツと契約。プレシーズンマッチ6試合に出場し、1試合平均5.3得点、2.8リバウンドを記録した。昨季はヒートで12試合に出場。4.3得点、1.3リバウンドのアベレージを挙げた。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:59 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルブズ、J.ハワードとバイアウトで合意間近


 現地時間28日、ミネソタ・ティンバーウルブズはフォワードのジュワン・ハワードと契約のバイアウトで合意間近であることが明らかになった。NBAの公式ホームページが伝えている。

 34歳のハワードは昨季所属したヒューストン・ロケッツからマイク・ジェームス、ジャスティン・リードの2人とのトレードにより、今年のオフシーズンにウルブズへ加入。しかし、大黒柱のケビン・ガーネットを放出した再建中のウルブズでプレーする意思は無く、移籍を希望していた。

「ジュワン(ハワード)とバイアウトで合意することになりそうだ。双方にとって納得する形だと思う」とウルブズのランディ・ウィットマンHCは同ホームページで話した。

 ミシガン大出身のハワードはNBA13年間で5つのチームに在籍。951試合の出場で1試合平均16.1得点、7.1リバウンドをマークしている。昨季はロケッツで80試合に出場し、1試合平均9.7得点、5.9リバウンドを記録した。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:58 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルズ、L.デングと契約延長の交渉へ


 シカゴ・ブルズは現地時間29日にルオル・デングと会談し、契約延長の交渉を行う予定であることが分かった。もし31日までに契約を延長しなければ、デングは来年の夏に制限付きフリーエージェントになる。

 昨季プレーオフ1回戦で、2005-06シーズンのNBA王者であるマイアミ・ヒートをスウィープで撃破したブルズ。その原動力となったのは、デングら若い選手だった。今後数年間も戦力を維持するため、地元紙「シカゴ・トリビューン」(電子版)によると、ブルズのジョン・パクソンGMがデングと契約延長に向けて話し合いを行うとのこと。しかし、もし今回の交渉が不調に終わった場合、先日報道されたロサンゼルス・レイカーズとのコービー・ブライアントを含むトレードの可能性が現実みを帯びてくる。

 22歳のデングは昨季82試合に出場し、18.8得点、7.1リバウンドのアベレージを記録。NBA3年間の通算成績は221試合の出場で1試合平均15.2得点、6.4リバウンドをマークしている。
posted by MASAKARI TECHNO at 16:03 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナゲッツC.アトキンス、6週間から8週間の戦線離脱へ


 現地時間28日、デンバー・ナゲッツのチャッキー・アトキンスが右脚の付け根を負傷し、6週間から8週間欠場することが明らかになった。

 今年のオフシーズンにフリーエージェントで契約し、ナゲッツに加わったアトキンス。アレン・アイバーソン、カーメロ・アンソニーの2人のスーパースターをポイントガードとして支える役割をチームから期待されていた。しかし、今回のケガにより開幕から戦列を離れることになった。地元紙「デンバー・ポスト」(電子版)によれば、25日に行われたプレシーズンマッチのフェニックス・サンズ戦で負傷したという。

 33歳のアトキンスは昨季メンフィス・グリズリーズで75試合に出場し、13.2得点、4.6アシストのアベレージをマーク。NBA8年間の通算成績は599試合の出場で1試合平均10.8得点、3.7アシストを挙げている。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:14 | Comment(0) | 怪我・故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

レイカーズ、コービーのトレードについてブルズと交渉か?


 現地時間27日、今年のオフシーズンにトレード話でにぎわせているロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントの移籍先に、シカゴ・ブルズの名前が挙がっていることが明らかになった。

 昨季プレーオフ1回戦で敗れた後、チームにトレードを要求し、その後すぐに撤回するなど、優勝するためには移籍も辞さない姿勢を見せていたブライアント。レイカーズも当初はブライアントを引き止めようとしていたが、最近は放出も一つの選択肢として考えていると報道されていた。米スポーツ専門ケーブルTV局「ESPN」(電子版)によれば、関係者の話として、レイカーズはブルズとトレードについて協議しており、ブライアントと交換でルオル・デング、ベン・ゴードン、タイラス・トーマス、ジョアキム・ノアの4人を要求しているという。

 ブライアントは今年のプレシーズンマッチ6試合に出場し、チームハイの1試合平均13.2得点、4.0アシスト、3.5リバウンドをマーク。プレシーズン最終戦は手首を痛めていたために欠場したが、開幕戦には出場する予定となっている。
posted by MASAKARI TECHNO at 19:49 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナゲッツ、M.ウィルクスを獲得


 現地時間27日、デンバー・ナゲッツがフリーエージェントのマイク・ウィルクスを獲得した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

 昨季シアトル・スーパーソニックスでプレーしていたウィルクスは、47試合に出場し、1試合平均3.6得点、1.7アシスト、1.1リバウンドを記録。NBA通算214試合で、2.5得点、1.2アシスト、1.0リバウンドのアベレージを残している。
posted by MASAKARI TECHNO at 19:47 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャバリアーズ、H.アダムスら2選手を解雇


 現地時間27日、クリーブランド・キャバリアーズがフォワードのハッサン・アダムスとダリウス・ライスを解雇した。

 23歳のアダムスは、昨季ニュージャージー・ネッツで61試合に出場し、1試合平均2.9得点、1.3リバウンドを記録。プレシーズンマッチでは3試合で、2.7得点、0.7リバウンドのアベレージにとどまっていた。

 208cmとサイズに恵まれたライスもプレシーズンマッチ3試合に出場し、1試合平均1.7得点、2.3リバウンドをマーク。これでキャバリアーズのロスターは15人となった。
posted by MASAKARI TECHNO at 19:46 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニックス、4選手と契約延長!


 現地時間27日、ニューヨーク・ニックスがオプションを行使し、デビッド・リー、ネイト・ロビンソンら4選手と2008-09シーズンまで契約を延長した。

 今季の年俸99万600ドル(約1億1,000万円)から、来季はおよそ2倍の178万8,033ドル(約2億円)で契約を延長することになったリーは、昨季58試合に出場した。先発出場は12試合に止まったが、10.7得点、10.4リバウンドのダブルダブルのアベレージをマーク。貴重なベンチプレーヤーとしてチームに貢献していた。

 ガードのロビンソンは昨季64試合に出場し、1試合平均10.1得点、2.4リバウンド、1.4アシストを記録。2008-09シーズンは、202万178ドル(約2億3,000万円)の年棒を受け取ることになった。

 その他、レナルド・バークマンが132万960ドル(約1億5,000万円)、マーディ・コリンズが99万7,800ドル(約1億1,000万円)の年棒でそれぞれ2008-09年シーズンまで契約を延長した。
posted by MASAKARI TECHNO at 19:45 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

サンズ、ルーキーの活躍でナゲッツとの乱打戦を制す


 現地時間26日、フェニックス・サンズは本拠地US・エアウェイズ・センターでプレシーズンマッチを行い、デンバー・ナゲッツと対戦。司令塔のスティーブ・ナッシュの下、7人が2ケタ得点を挙げるバランスの良い攻撃で、116対113と接戦を制した。

 試合は、第1Qでナゲッツに22対32と突き放されると、第2Qもリードを広げられ、54対66と12点ビハインドでハーフタイムを迎える。しかし、第3Qにオーランド・マジックから獲得したグラント・ヒルとショーン・マリオンを中心に猛攻を仕掛け、39得点を奪い、93対81とこのQだけで逆転に成功する。最終Qは残り1分48秒にJ.R.スミスのダンクシュートで同点に追いつかれるが、残り3秒にマーカス・バンクスからパスを受けたルーキーのD.J.ストロベリーが決勝の3Pシュートを沈め、勝利をつかみとった。

 サンズはナッシュが14得点、10アシストとダブルダブルをマーク。ヒルはチームハイの17得点、決勝点を決めたストロベリーも控えから14得点を挙げ、勝利に貢献した。

 敗れたナゲッツは、アレン・アイバーソンが24得点、3リバウンド、3アシストを記録。カーメロ・アンソニーは22得点、5リバウンド、J.R.スミスも17得点、3アシストで続いた。しかし、3Pシュートが18本中3本(16.7%)と低確率だったことが、敗因の1つとなった。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:55 | Comment(0) | プレシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。