2007年09月30日

キャバリアーズ、トレードでC.シモンズを獲得!


 現地時間29日、クリーブランド・キャバリアーズがニューオリンズ・ホーネッツへガードのデビット・ウェズリーを放出し、フォワードのセドリック・シモンズを獲得した。

「セドリックは若く優秀なプレーヤーだ」とキャバリアーズのダニー・フェリーGMが太鼓判を押すシモンズは、2006年のドラフト1巡目全体15位でホーネッツに入団。昨季は43試合に出場し、1試合平均2.9得点、2.5リバウンドを獲得した。キャバリアーズでは、エースのレブロン・ジェームスを支え、2年連続ファイナル進出の手助けとなる働きを期待されている。

 一方、ホーネッツへ移籍したガードのウェズリーは、昨季35試合の出場で2.1得点、1.1アシスト、1.0リバウンドのアベレージをマークした。NBAでは14年のキャリアを誇り、949試合に出場。1試合平均12.5得点、4.4アシスト、2.5リバウンド、1.4スティールを記録するなど、豊富な経験を持っている。
posted by MASAKARI TECHNO at 15:24 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパーズ、フォワードのM.ウィリアムスと契約


 現地時間29日、サンアントニオ・スパーズが2007年のドラフト2巡目全体33位で指名した、フォワードのマーカス・ウィリアムスと契約した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

 アリゾナ大出身のウィリアムスは、今オフにラスベガスで開催されたサマーリーグに参加し、5試合で1試合平均3.6得点、2.4リバウンド、1.0アシストを記録。大学時代の昨季は、16.6得点、6.7リバウンドのアベレージをマークし、オール・パック10・ファーストチームに選出された。
posted by MASAKARI TECHNO at 14:56 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャバリアーズ、D.ブラウンとサイン


 現地時間29日、クリーブランド・キャバリアーズがガードのデビン・ブラウンと契約した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

「デビンは多才なバスケットボールプレーヤーだ。タフネスで複数のポジションをこなし、我々のチームの足りない部分を補ってくれる」とキャバリアーズのダニー・フェリーGMは契約を喜んだ。キャバリアーズは現在、制限付きフリーエージェントとなっているアレクサンダー・パブロビッチと再契約の交渉が進んでおらず、もしパブロビッチが移籍した際の保険として、ブラウンを獲得したようだ。

 28歳のブラウンは昨季ニューオリンズ・ホーネッツに所属。58試合に出場し、1試合平均11.6得点、4.3リバウンド、2.6アシストの活躍を見せた。2004-05シーズンにはサンアントニオ・スパーズの一員としてファイナル制覇を果たしており、キャバリアーズに足りなかった経験をチームにもたらすことが期待されている。
posted by MASAKARI TECHNO at 14:56 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ウルブズとマーベリックスでトレード成立!


 現地時間28日、ミネソタ・ティンバーウルブズがダラス・マーベリックスへガードのトレントン・ハッセルを放出し、フォワード兼ガードのグレッグ・バックナーを獲得した。

 今オフに大型トレードを行ったウルブズは、2年目のランディ・フォイ、ボストン・セルティックスからトレードで入団したセバスチャン・テルフェア、アル・ジェファーソン、ジェラルド・グリーン、ルーキーのコリー・ブリュワーなど若手が多数在籍。そのため、NBAで8年の経験を誇るバックナーには、リーダーシップを発揮してほしいという考えもあり、獲得に至ったようだ。

 ウルブズ入りしたバックナーは昨季76試合に出場し、1試合平均4.0得点、2.1リバウンドをマーク。キャリア通算476試合で5.5得点、2.9リバウンド、1.3アシストのアベレージを残している。一方のハッセルは昨季76試合の出場で、1試合平均6.7得点、3.2リバウンド、2.7アシストを記録。1月5日のフィラデルフィア・76ers戦ではキャリアハイに並ぶ22得点を奪取していた。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:03 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネッツM.ウィリアムス、右足骨折で手術へ


 現地時間28日、ニュージャージー・ネッツはガードのマーカス・ウィリアムスが右足の第5中足骨(足の裏を形成する骨)を骨折したと発表した。骨折したウィリアムスは10月1日に手術を受ける予定となっており、現在復帰の見通しは立っていない。

 21歳のウィリアムスはコネチカット大から2006年のドラフト1巡目22位でネッツに入団した。ルーキーシーズンの昨季は79試合に出場し、1試合平均6.8得点、3.3アシスト、2.1リバウンドを記録。司令塔を務めるジェイソン・キッドの貴重な控えとなり、与えられた短いプレータイム(1試合平均16.6分)の中で自分の役割を果たし、オール・ルーキー・セカンドチームに選出された。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:02 | Comment(0) | 怪我・故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーベリックス、M.エリー氏がACに就任


 現地時間28日、ダラス・マーべリックスが90年代にNBAで活躍したマリオ・エリー氏をアシスタントコーチ(AC)としてチームに迎え入れた。

 エリー氏はヒューストン・ロケッツのメンバーとして1993年から2年連続でNBA制覇を達成。1998-99シーズンにはサンアントニオ・スパーズで3個目のチャンピオンズリングを獲得した。引退後はスパーズ(2003-04シーズン)、ゴールデンステイト・ウォリアーズ(2004-05シーズン)でACの経験を積んでいた。

「私はこの素晴らしい組織に入り、非常に興奮しています。マーク・キューバン(マーべリックスのオーナー)、エブリー・ジョンソンHCと一緒に働くのを楽しみにしています。彼(ジョンソンHC)はNBAでもっとも優れたコーチの1人です」とACに就任した喜びを語った。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:00 | Comment(0) | チーム情報−ウェスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

ジャズC.ブーザー、キャンプは不参加か?


 現地時間27日、ユタ・ジャズはフォワードのカルロス・ブーザーがチームのトレーニングキャンプに参加するか不明であると発表した。

 骨髄移植後の治療を受けている愛息に付き添うため、キャップに参加しないことをチームに許可されたブーザーは、「私の息子はマイアミで骨髄移植から回復しようとしている。彼(息子)の治療のため、ボイス(アイダホ)でのトレーニングキャンプに参加できるか分からないが、息子が退院したらすぐにチームに加わるよ。この(息子が回復するまで)期間、私と家族は、チームメイトやすべての人にとても支えられた。我々がみんなに感謝していることを分かってもらいたい」とコメントした。尚、ジャズは10月1日から6日までボイスでトレーニングキャンプを行う。

 25歳のブーザーは昨季74試合に出場し、1試合平均20.9得点、11.7リバウンド、3.0アシストの働きでチームをポストシーズンへ導いた。プレーオフでは西カンファレンス準決勝でサンアントニオ・スパーズに敗れはしたものの、17試合で23.5得点、12.2リバウンド、2.9アシストのアベレージを残すなど攻守にわたって活躍した。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:58 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニックスR.ボークマン、足首を故障


 現地時間27日、ニューヨーク・ニックスのフォワード、レナルド・ボークマンが足首を負傷し、1か月間戦線を離脱するとチームが発表した。

 今週に行ったMRI検査の結果、足首の軟骨に炎症が見つかったボークマンは、今後ウォーキングブーツを付けて4週間過ごし、プレー可能か判断することになった。尚、ニックスは来週からトレーニングキャンプを開始。11月2日のクリーブランド・キャバリアーズ戦でレギュラーシーズンの開幕を迎える。

 サウスカロライナ大出身のボークマンは、2006年のドラフト1巡目全体20位でニックスに入団。昨季は68試合に出場し、1試合平均4.9得点、4.3リバウンドをマークするなど、まずまずのルーキーシーズンを送った。
posted by MASAKARI TECHNO at 20:55 | Comment(0) | 怪我・故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

サンズS.マリオン、他チームへの移籍を希望!


 現地時間26日、フェニックス・サンズのショーン・マリオンが他チームへの移籍を希望していることが分かった。地元紙「アリゾナ・リパブリック」が報じている。

 同紙に対し、マリオンは「トレード話で自分の名前を聞くのはもう飽きたよ。僕はフェニックスのファンが好きだ。だけど、次に移る時が来たのかもしれない」とコメントしたとのこと。トレード話が挙がる度に、自分の名前が入っていることにうんざりしており、早くサンズに移籍先を決めて欲しいと思っているようだ。

 6月にはケビン・ガーネットがミネソタ・ティンバーウルブズからボストン・セルティックスへ移籍したトレードが成立する前に、マリオンを含めた三角トレードの話が出ていた。しかし、この時はマリオンが拒否していた。

 移籍先の候補としては、ユタ・ジャズとロサンゼルス・レイカーズの名前が浮上。ジャズはアンドレイ・キリレンコが他チームに行きたいと表明した。レイカーズはラマー・オドムと交換で、マリオンの獲得を考えている模様。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:10 | Comment(0) | 移籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングスC.ウィリアムソン、現役引退を発表へ


 現地時間26日、昨季サクラメント・キングスでプレーしたコーリス・ウィリアムソンが、この日の記者会見で現役引退を発表することが分かった。地元紙「ザ・タイムズ・ヘラルド」が伝えている。33歳のウィリアムソンは来季、大学でアシスタントコーチを務める模様。

 デトロイト・ピストンズ、トロント・ラプターズなどに所属したウィリアムソンはNBAで12年間過ごし、822試合の出場で1試合平均11.1得点、3.9リバウンドを記録した。ピストンズ時代の2001-02シーズンにシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。2004年には、ピストンズのNBA制覇に貢献した。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:07 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルブズ、センターのJ.エドワーズと契約


 現地時間26日、ミネソタ・ティンバーウルブズはセンターのジョン・エドワーズと契約した。

 213cmのエドワーズは昨季NBAの下部組織、NBA D-リーグのタルサ・66ersとアルバカーキ・サンダーバーズでプレーしていた。NBAでは04-05シーズンにインディアナ・ペイサーズ、05-06シーズンはアトランタ・ホークスに所属し、合計65試合に出場。1試合平均1.5得点、1.0リバウンドを挙げた。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:04 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

セルティックスP.ピアス「来季は優勝を狙える」


 現地時間25日、今季のオフシーズンに大型トレードを敢行したボストン・セルティックスのポール・ピアスが来季へ向け抱負を語り、ファイナル制覇を狙えるチームに変わったことを示唆した。

 昨季は24勝58敗と低迷したセルティックスでエースを務めたピアスは、「この夏、自分の将来がどうなるか分からなかった。チームは再建を目指していて、ボクはトレードされるかもしれないと思っていたからね。けれど、彼ら(チームのフロント)はKG(ケビン・ガーネット)とレイ・アレンを獲得した。今、ボクには優勝する機会がある」とチームが大きく変わったこのオフを振り返った。

 また「トレードには多くの感情が交じるし、トレードを好きなやつなんていない。(これからは)新しいシーズンの前に、大幅に変わったロスターに慣れて、ケミストリーを築かなければならない」とコメント。さらに個人の目標として「ディフェンスでも大きな役割を持ちたいね。ボクはディフェンダーとしては過小評価されていると思う」と1試合平均20得点以上を叩きだすガーネット、アレンが加わり、自分の役割も変化していくことを理解していた。

 1958年から8シーズン連続優勝を果たしたセルティックスは、名門再興に向けドラフト当日に、シアトル・スーパーソニックスからアレンを獲得。7月31日には5対1のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからガーネットを迎え入れた。昨季、東カンファレンス最下位のチームが、来季はどこまで旋風を巻き起こせるか注目される。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:56 | Comment(0) | 選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒート、B.チェースを獲得


 現地時間25日、マイアミ・ヒートがガードのブライアン・チェースと契約した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

 バージニア工科大出身のチェースは昨季、NBA D-リーグ(NBAの下部組織)のロサンゼルス・D-フェンダーズでプレー。32試合に出場し、1試合平均16.7得点、4.2リバウンド、3.9アシストを記録した。オールD-リーグにも選出され、2007年のオールスター(D-リーグ)にも出場している。また、昨季はユタ・ジャズで7試合ロスターに名を連ねたが、出場には至っていない。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:26 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックス、FAのS.ウォーカーを獲得


 現地時間25日、ミルウォーキー・バックスが新たに、フリーエージェントのサマキ・ウォーカーを獲得した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

 フォワードのウォーカーは1996年のドラフト1巡目全体9位でダラス・マーべリックスに指名され、NBA入りを果たす。マーベリックスで3年間プレーしたのち、サンアントニオ・スパーズを経て、01-02シーズンにロサンゼルス・レイカーズに加入。翌年の02-03シーズンにはレイカーズでファイナル制覇を経験した。

 来季でNBA11年目を迎えるベテランのウォーカーは、キャリア通算で445試合に出場し、1試合平均5.3得点、4.7リバウンドをマーク。しかし、昨季はNBAでプレーしていなかった。
posted by MASAKARI TECHNO at 17:26 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ウォリアーズ、ハドソンと契約


ウォリアーズは24日、元ティンバーウルブズのガード、トロイ・ハドソン(31)と契約したと発表した。

 ティンバーウルブズで5年プレーしたハドソンは昨季終了後、フリーエージェントになっていた。

 ハドソンはNBA入り10年間で、ティンバーウルブズのほか、ジャズ、クリッパーズ、マジックでプレーしていた。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:49 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックス、L.グリーアを解雇


 現地時間24日、ミルウォーキー・バックスが昨季のオフシーズンにドラフト外から獲得したガードのリン・グリーアを解雇した。

 27歳のグリーアは昨季にバックスへ加入するまでの4年間、イタリアのカルピッサ・ナポリでプレーした。2005-06シーズンはナポリで40試合に出場し、1試合平均22.6得点、3.3アシスト、2.2リバウンドを記録。バックスでは昨季、41試合で4.1得点、1.3アシストのアベレージをマークした。しかし、今オフにバックスがモーリス・ウィリアムス、チャーリー・ベルと再契約したことに加え、デスモンド・メイソン、ロイヤル・アイビーらを新たに獲得し、ガード陣が充実したため契約を破棄された。
posted by MASAKARI TECHNO at 23:47 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ヒート、キングスM.ビビーの獲得を再び目指す


 現地時間23日、マイアミ・ヒートはサクラメント・キングスに所属しているマイク・ビビーのトレードでの獲得を考えていることが分かった。

 ヒートは06年にファイナルを制覇。しかし昨季はプレーオフ1回戦でシカゴ・ブルズにスウィープされ、姿を消していた。2007-08シーズンに向けてチーム強化を図り、今年のオフシーズンにビビーの加入を目指していると報道されていたが、1度は断念。しかし、地元紙「サクラメント・ビー」によると、ジェイソン・ウィリアムス、ウドニス・ハスレムとの交換で、ビビーを手に入れる話を再び進めているようだ。

 ポイントガードのビビーは昨季82試合に出場し、1試合平均17.1得点、4.7アシスト、3.2リバウンドを記録。今年のオフシーズンには、ヒートの他にもクリーブランド・キャバリアーズがビビーを狙っていると報じられていた。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:23 | Comment(0) | チーム情報−イースタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジックJ.ネルソン、チームとの契約延長を希望


 現地時間23日、2007-08シーズンで契約が終了するオーランド・マジックのジャミアー・ネルソンは、08-09シーズン以降もチームへの残留を希望していることが分かった。10月31日までに契約延長しなければ、来年のオフシーズンに制限付きフリーエージェントになる。

 ガードのネルソンは昨季1試合平均13.0得点、4.3アシストを記録。ドワイト・ハワードとともに、マジックを引っ張った。将来もチームの中心選手として活躍が期待され、地元紙「オーランド・センチネル」によると、契約がビジネスであることを理解しているが、ネルソンはチームに残りたいという。

 昨季レギュラーシーズン40勝42敗で東カンファレンス8位だったマジックは、今年のオフシーズンにシアトル・スーパーソニックスでプレーしていたラシャード・ルイスを獲得。また、スタン・バン・ガンディ新HCを迎え、07-08シーズンは昨季以上の成績が予想される。
posted by MASAKARI TECHNO at 18:22 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォリアーズB.デービス、2008-09シーズン以降の去就を決断へ


 現地時間23日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのバロン・デービスが2008-09シーズン以降の去就について、2週間以内に決断する予定であることが明らかになった。デービスは契約があと2年残っているが、07-08シーズン終了後に契約を破棄する権利を持っている。

 地元紙「ボストン・グローブ」に対し、デービスは「それほど(契約についてチームと)話していないんだ。だけど、2週間以内に(ウォリアーズと)契約するか、シーズン終了後にフリーエージェントになるか決めるつもりだよ」と今後の動向について話したとのこと。カリフォルニアで生まれ育ったデービスは、チームと長期の契約延長を希望。しかし、「チームが僕をどれぐらい信頼し、必要としているか見てみなければならない」と今後どうなるかはチーム次第だと語っている。

 28歳のデービスは昨季、1試合平均20.1得点、8.1アシストをマーク。プレーオフでは25.3得点のアベレージを記録し、1回戦で第1シードのダラス・マーベリックスを破る原動力となった。ウォリアーズには2004-05シーズンの途中から加入。司令塔としてチームを引っ張っている。
posted by MASAKARI TECHNO at 14:04 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

バックス、M.ラフィンを獲得!


 現地時間22日、慌ただしいオフシーズンを送っているミルウォーキー・バックスが、新たにマイケル・ラフィンと契約したと発表した。尚、契約の詳細は明らかになっていない。

「マイケル(ラフィン)は個性豊かで高い能力を持つプレーヤーだ。彼は非常にうまいリバウンダーでディフェンスにも優れている」とバックスのラリー・ハリスGMはラフィンを称賛した。今オフにバックスは、モーリス・ウィリアムス、チャーリー・ベル、デスモンド・メイソン、ロイヤル・アイビーなどと契約し、ロスターが充実。28勝54敗に終った昨季の悔しさをバネに来季の躍進を狙っている。

 センター兼フォワードのラフィンは昨季までワシントン・ウィザーズでプレー。30試合に出場し、1試合平均0.6得点、2.1リバウンドを記録した。バックスではアンドリュー・ボグットらビッグマンの貴重な控えとして、活躍が期待される。
posted by MASAKARI TECHNO at 21:13 | Comment(0) | 契約情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。